« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

2006年12月26日 (火)

マナーが悪い通勤客

最近、電車の乗り方がよろしくない大人が多いね。
停車駅で、後ろの方から「おりまーす」って言ってる人がいるのに、ぜんぜん道をあけない。
ほんの1分もないくらいの時間、一度ホームにおりてあげればいいだけなのに。

| コメント (0)

2006年12月24日 (日)

単位考(下ネタ含む)

先日、ある番組でブラジャーのサイズが何だとかいうことをやっていた。
聞くところによりますと、ブラジャーとやらは、Aカップとか、Cカップとか、そういうABCDという単位で、そのサイズが決まっているようです。
Bura






この単位は、確かに大きさを区分するには適しているようにも思われる。
しかし、通常、体積を単位化する際は、「リットル」やデシリットルを用いることが多い。
例えば、冷蔵庫や洗濯機もそうである。
そこで、もしパイについても「L(リットル)」や「デシリットル(dl)という単位だったらどうであろうか。

Photo_96





リットルはともかく、デシリットルというと、どうしても小学校の時に使った単位で、「ビーカーに5デシリットルの水をいれて・・・」というイメージが強い。

Photo_97





これに、パイの単位をあてはめると、あたかも母乳の排出量を示す単位であるかのように思えてくるのである。

そこで、以下のようにA~Zまでの単位をリットル表記にあてはめてみる。

A=3デシリットル(0.3L または300ml)
B=7デシリットル(0.7L または700ml) 
C=10デシリットル(=1リットル)
D=1.5リットル
E=2リットル
F=2.5リットル
G=3リットル

これがオパイの単位だとすると、まるでエロさが感じられない。

例えば、「Fカップ巨乳アイドル!」という雑誌の見出しも
「2.5リットル巨乳アイドル」となってしまうのである。

さらに、リットルを「リッター」などと発音してしまうと、「2.5リッターアイドル」となり、まるで、車の排気量のようでもある。

もっとも、女性諸君の中にもダンプやトラックのような風体の方もおられる。
そういう方には適しているのかもしれない。
いや、むしろ、そういう方は「t(トン)」で現したほうが良かろう。
※ex:80kg=0.08t

話がそれてしまったが、この「リットル」という単位。
いかがなものだろうか。

もし、女性諸君がブラジャーを買い求める際、店員との会話もそうとうおかしなモノになりそうである。

店員:お客様、サイズはおいくつで?
客:よくわからないわ。
店員:ではお計りいたします。
    ・・・アラ、お客様のサイズは1.5リットルでございます。
客:ありがとう。じゃぁ、1.5リットルのものを3個ください。
  あわせて4.5リットル分で。
店員:ありがとうございます。
  当店ではただいまスタンプラリーを行っておりまして、
  合計で100リットルいきますと、1個サービスしております。
  がんばっておためください。

また、エロ系の雑誌はこうだ。

「8リットル爆乳!」

もはや、ホルスタインである。
Ushi





このように、単位を変えて考えると、いろいろとイメージが変わってくる。

読者の皆様も、自分なりにいろいろな単位を考えてみてはどうだろうか。
見方をかえると印象も変わる。

新しい発見があるかもしれないぞ(*^ー゚)b

| コメント (0)

2006年12月23日 (土)

最近の戴きもの

1.魔法の豆

Vfsh0044_3








葉っぱが出てくると、その葉っぱに文字が書かれるんだって~(゜o゜)

テルミン様より戴きました。



2.刀のキーホルダー
Vfsh0045





Vfsh0046




用途不明。

日光の特産品だそうです。
ソイエ様より戴きました。

「ソイエ刀」と命名しました。

反り具合がソイエ様そのもの!
恐らくは、ソイエ様自身の分身として、私をお守りくださるという意味として下さったに違いありません。
隆々と反り返る「ソイエの宝刀」、いや、むしろ「妖刀」、、、。


3.クリスマスケーキ
Vfsh0043_3

事業所のクライアント様マネージャーが、メンバー全員に下さいました。
なんていい方なんだろう!
みんなで戴きました。

ケーキの上部には、「きのこ」がくっついていて、このきのこが硬いのです。
硬いキノコ。
思うに、ソイエ様のお持ちのキノコ並みの固さ。
イヤ、それ以上かも。

| コメント (2)

2006年12月11日 (月)

Photo_77






Photo_78






Photo_80









Photo_81







Photo_95






Photo_84






Photo_86










Photo_87




Photo_88




Photo_89





Photo_91







Photo_93








Photo_94

| コメント (2)

2006年12月 2日 (土)

小便小僧考

小便小僧はなぜ小僧なのか。
あの芸術性は今ひとつ分からないが、男の子に限定されている点が謎である。

Photo_3
かわいいのか?コレ。









また、なぜ小便にこだわっているのだろうか。

なぜ「ウンコ小僧」はないのか。

それを検討してみたい。

image1
Photo_73
ウンコ小僧のイメージ図である。




汚い。
タダの野グソにしか見えない。
しかも、なんか台にのってノグソしてる。

■分かったこと■
ウンコ小僧がないのは「汚いから」である。

では、小便小僧には女の子はないのか。
ネットで調べるといくつか出てくるが、街角で見かけることはまずない。
そこでイメージを描いてみた。

image2
Photo_74 注:
両手をあげているのは大した意味はありません。
少女がどんなポーズでションベンするのかは分かりませんので、ポーズはあくまでもイメージです。

さて、この図を見てもらいたい。
ションベンの色を「青」にしているからこそ「あ!あれはションベンだ!」と分かるのです。
ですが、例えば水が錆びていたりして、茶褐色になっていたら・・・・

image3
Photo_75
まるでウンコ。
しかも、ゲリです。

これではあまりにもかわいそうです。

■わかったこと■
小便少女では、「まるでウンコしてるようにしか見えない」から、あからさまに汚い。

さらに発想を拡大させ、「ゲロ小僧」はどうか。

image4
Photo_76

割とイイじゃないか!
ただ、出てるモノが茶色だと汚い。。。。

よくよく考えれば、風呂とかで、ラインオンの口からお湯がでている温泉などもある。
逆にあれを「ライオンがゲロしてる」とおもうと、気持ち悪いね。
ライオンゲロのお湯に漬かってるみたいだし。

■わかったこと■
ゲロ小僧は割りとイケる。

最後に小便大人はどうか。

image5
Photo_4

ヤバいです。
ってゆーか、なんでみんなションベン浴びてるんだろう?

しかも、このションベンの仕方ったら、手で押さえてない!
フリーハンド!

■わかったこと■
ションベン大人は、タダの立ちション。

以上

| コメント (1)

ズーム・イン

いろんなものをズームインしてみてみよう。
1_3

←なんだかわかるかな(^J^)?




絵が上手くないのはご勘弁。




考え中・・・・・・





考え中・・・・・・

考え中・・・・・・

考え中・・・・・・

正解はコチラ

     ↓

2_8

メンズのダサいパンツ。


正解は、ダサいパンツの股間の部分でした!

分かった人は観察力と想像力がありますね。
引き続き、いろんなものを観察し続けてください。

ちなみに私はこのタイプのパンツは着用しません。

なんでかというと、動いているうちに棒が裂け目から出てきてしまう危険性があるからです。
ズボンをはいているので「丸出しになる」ということはないけれど、非常に不快なのです。









| コメント (0)

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »