« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

2006年11月25日 (土)

JFK

北のジャンクフード
Photo_70

なんとなく、それらしいパッケージ。









Photo_71

裏側。
作り方などが書いてある。
が、要は「お湯入れてくれ」っていうだけ。







Photo_72
中身の袋。

いや、あのぉ~、、、
確かにスープカレーってパッケージに書いてあるけど。。。。

マンマやん!

もう少し、パッケージに凝って欲しいねぇ(-_-;)

味:「カップヌードルカレー」のスープに同じ。







| コメント (2)

2006年11月21日 (火)

今日の昼ごはん

ホイコーロー定食700円なり
Photo_68




おいしい(^J^)

| コメント (0)

2006年11月18日 (土)

うんこ時の注意点

座った瞬間の冷たさに冬の訪れを感じる今日この頃。。。。

秋も深まり、冬がすぐそこまで来ています。
哀愁漂うこの季節。
そこで一句。

 ~座る時 尻が捉える 季節感~

朝うんこのとき、便座に座った瞬間の「ヒヤッ」とする感覚をゴーシチゴーで表現してみました。

ところで、皆さん。
うんこをするときどんなことに注意していますか?
大人の皆さんは、各自のうんこ方法がだいぶ身についているので、特に意識したことはないのではないでしょうか。

私の場合、うんこする場合は、まず座る位置が重要だと考えています。
すわりどころが悪いと上手にうんこを排出することができません。
また、発射角度によっては、うんこが垂直落下せず、重力を十分に生かしたうんちングができず、効率的なうんこの排出に影響が出ますよね。(うんこは、原則的に「投下である」という意識が大切です。)
また、うんこすることに集中できないといけません。
そこで、座る位置が大変重要な意味をもっているといえるのです。
下の便座の絵をみてください。

Type1

Type2




前の部分が開いているタイプと閉じているタイプです。

問題はこの部分。
なぜかというと、うっかり前の方に座りすぎてしまうと、ポコチンが前の方にぶつかってしまうのです。

Type11





Type21






自宅のならまだしも、公衆便所でこのエリアにポコチンがぶつかってしまった場合は、ショックですよね!
「他の 誰かもぶつかっていたら・・・・・」
と心配になります。

間接キスならず、間接ちんこです!

かなりイヤですね・・・・(-_-;)

なので私の場合は、ぽこちんがブラブラとデンジャーエリアにぶつからないように、ちゃんと手で押さえることにしています。

ただ、大事なのは拭く時です。

うっかり手を放してしまうと、その反動でブラリとデンジャーエリアにぶつかってしまうのです。

ですから拭く時がもっとも注意が必要な場面だともいえます。

≪まとめ≫
1.座る時はきちんと場所を決める。
※手をリリースしても、ポコチンが届かない位置。

2.拭く時は反動に注意する。

こうした点に注意すると、安心してうんこに集中することが出来るのです。






| コメント (0)

2006年11月17日 (金)

そっくりだ!

Suica







書き方
1_2







2_7








3_3










4_2









5_2









6_2








7_2










出来上がり!

注:
描画途中、「あ?ダッチワイフの口みたい」とか「デストロイヤー」とか思っても、無視して次の描画に進んでください。

| コメント (1)

2006年11月11日 (土)

昨日の夕ご飯

なんか誰かさん風のネタっぽいな。

ま、いいや。

Vfsh0043_1
ギョウザとモンブラン(大)




Vfsh0044_1
もうムリ。
これ以上は入らねぇ(*_*)

ギョウザがなけりゃもうすこしいけたかも。。。

それにしても、誕生日でもねぇのに一人で会社帰りにケーキ(大)を買って帰った挙句、スプーンでほじって食う。
買うときに、「蝋燭やプレートをお付けしますか?」と聞かれたが、そんなもん、今日のオレには要るはずがない!!

だって、単にケーキとギョウザが食べたかったんだもん。

40%ぐらいは行ったかな・・・・(ギョウザは完食)

| コメント (2)

2006年11月 3日 (金)

生首が捨ててあった

Vfsh0038_5 

Vfsh0039_4









| コメント (0)

2006年11月 2日 (木)

大きな栗の木の下で

遊ぶやつなどいないのではないか?

だって、、、、Kuri






足に刺さったら痛ぇよ。
Kuri2





しかも、落下の危険性アリ。 

でも、栗がなるのは秋なので、春や夏かも知れない。

いや、でも大体栗の木の下にはイガイガが落ちてるし夏でも去年の分がまだある。

しかし、この歌の作者は何で栗を選んだんだろう?

| コメント (0)

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »