« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

2006年10月31日 (火)

HND見学

昨日、仕事の研修で羽田見学があった。
Vfsh0049
これは第二ターミナル。
ANA利用者向け。








Vfsh0056 こっちは、JAL利用者向けの第一ターミナル。









ちなみに業界では航空会社のことを「キャリア」と呼ぶそうです。
また、日本航空を「JAL」とか「JL」と略したりします。
こういうのを3レターコードとか2レターコードと言うんだそうです。
ちなみに全日本空輸はANA、またはNHと略します。
なんでNHかというと、全日空はもともとヘリコプターの会社で、「ニホンヘリコプター」っていってたそうで、そんで、NHなんだって~(゜o゜)

勉強になったなぁ♪

| コメント (1)

2006年10月28日 (土)

よく見かける

こんな写真
Vfsh0038_4








Vfsh0039_3








Vfsh0040_1





犬のアップ。

| コメント (0)

2006年10月25日 (水)

心の中でつぶやく

公衆便所にいくと
Cmm_pi_008






同じところをずーーーーと見ながらおしっこすることがあります。

まず、ズボンのチャックを下ろし、「さ~て」と心の中でつぶやく。
Index_02

すると、便器の脇にこの装置がついていることに気が付く。

「おや?(゜o゜)」
「なんだ?これは?」

と思うのです。

そして、この装置の真ん中に「ん?なんか書いてあるぞ」と、真ん中のロゴに注意が注がれます。



Index_03






そこには、「calmic」と書いてある。


Calmic







これです。

そして、このロゴに気が付いたとたん、、、、

「カルミック?」

「ケルミック?」

「いや、カルミックだろ」

「そうだよ、カルミックに決まってるよ。ケルミックはねぇよ。カルミックさ」

となんども、読み方について自問自答するのです。

そして、とうとう出る物(おしっこです)が出終わったころには、自分の中で「カルミックだよね!」と勝手に読み方を決め付けて、チャックを閉じ始めるのです。

しかし、やはり「勝手に決め付けた」というところが引っかかっていて、「カルミックでいいのだろうか・・・」と、自分の決断に疑問が沸いてくるのです。

その間、何度心の中で「カルミック」と唱え、つぶやいているか。。。

恐らく便所から出てきた人の80%はカルミックで頭がいっぱいのはずです。

出口調査したいくらいです。

でも、一体何なんでしょうねぇ? あの装置は。
お知りになりたい方はこちら⇒http://www.calmic.co.jp/

≪おまけ≫
このブログを作るときに遭遇しました。
20055112121365





すごい便器・・・。

| コメント (1)

2006年10月24日 (火)

レーダー

このタイプのグラフ・・・。

Guraf


Guraf2 こんな感じだったり・・・。







Photo_67






3_2






2_6
こんな風に見えたりして・・・・。





似てね?


| コメント (0)

2006年10月22日 (日)

医者料

絶対いるはず。

「慰謝料」のことを「医者料」って思ってた人。
昔のオレはそうだったぜ!

よく耳にする「イシャ料はらえ!」とか「イシャ料払いなさいよ!」っていうのは、全部「診察料を払え」という意味だと思ってました。Photo_66






どういうロジックかというと、

ケース①
あるガキがチンピラみたいなヤツにボコボコにされて怪我をしてしまいました。
被害者のお父さんお母さんは、息子が「アラ大変」ということになって、病院に行かせました。
そうしたら、診察料をとられました。
そこで、ボコボコにしたヤツにその診察料を払わせようとしました。
これが、「医者料払え」です。

ケース②
ある女性が「結婚しよう」と約束した男の発言をマに受けていたら、後になって「キミとは結婚できない」ということになりました。
そうしたらその女性はショックのあまり精神病になってしまって、精神科医にカウンセリングを受けることになってしまいました。
そこで、「何であたしがそんなめに遭わなアカンねん」ということで、その婚約破棄した男に対し、「精神科医に支払ったカウンセリング料、すなわち医者料を払いなさいよ」ということになりました。

と、まぁこんな風に、勝手に背景を解釈してました。

ちなみに小学校~中学校の頃です。
絶対いるよ。こういう考えだった人。

尚、正しくは「慰謝料」で、これは不法行為に基づく損害賠償請求権(民法709条)です。
①のケースは、暴行に拠る身体的損害に対する不法行為、②の場合は精神的損害に対する不法行為です。

不法行為の成立要件は
1.故意または過失
2.相手方に責任能力があること
3.違法性があること
4.損害が発生していること
5.加害行為と損害の間に因果関係があること
が必要です。

もし、ケース①で、怪我をしなかった、或いは怪我の程度が極めて軽微であって、暴行行為に対する精神的損害もなかったという場合は、損害賠償請求権は発生しないことになります。
ケース②の場合も、「実はこいつ、結婚する気がねぇな」と予め分かっていた場合(民法93条:心裡留保)は、精神的損害は生じなかったと見ることができるので、損害賠償請求権は生じません。

また、ケース①の場合で、チンピラが殴りかかろうとしたら、丁度空からカラスがやってきて、脳天にカラスの嘴が刺さって、大怪我をしたとしても、チンピラが殴る蹴るの暴行をしたわけではないので、チンピラへの損害賠償の請求は出来ません。(因果関係なし)

ただ、「そんなつもりじゃなかった」っていうのは原則として通用しません。
(判決時に斟酌の対象になるかどうかという程度です)
何でかというと、不法行為責任は過失(うっかりやらかした)の場合でも生じるから。
自動車事故なんかもそうです。
「うっかり」は通用しません。
だから、うっかり「結婚しよう」って事を言っちゃったら後で大変なことになってしまいます。

不法行為については、その効果も覚えておきましょう。
不法行為による損害賠償請求は、原則金銭賠償です。
ただ、例外的に現状回復を請求することも出来ます。
そして、損害額の算定は、「不法行為があった時点」で行われます。

あと、立証責任は被害者側にあるということ。
被害者が、「あのヤロウがこんなことしました」という証拠を出さなければならないのです。
逆にいえば、証拠がなければ訴えを起こしてもダメってことになってしまうわけです。

さいごに、「慰謝料」の定義を整理しておきます。
損害とは、他人の身体、事由、名誉等の精神的損害をいい、かかる被害者の精神的損害に対する賠償が慰謝料である。
なお、法人にも精神的損害以外の無形的損害を認める。

そういうわけで、このブログを読んだ皆さんは、「イシャ料」といわれたら、「あ!それは損害賠償を請求なんだな」と思うように、認識を正しく持ちましょう(*^ー゚)b

| コメント (2)

残酷遊び

ガキが嫁に塩をねだっているのは、ナメクジに塩をかけて遊ぶため。

そこで、一緒にやってみた。

Vfsh0038_3





Vfsh0039_2





Vfsh0040





ちょっと分かりにくいが、ベロベロになっているのがナメクジだ。

キモイ。。。(*_*)

食事中にこのブログみちゃった人、ザマーみろ。ケケケ(笑

| コメント (0)

2006年10月20日 (金)

手話

Kurukuru










Pa




絶対ない。

手話で、こんなのは絶対ないと思う。

でも、ある意味万国共通の手話。

| コメント (0)

JFK

Vfsh0038_2








んだ?こりゃ。
まずいよ。。。。




Vfsh0039_1






さらに激辛というのがあるらしい。
最近、フリトレーはなかなかやる。

| コメント (0)

2006年10月12日 (木)

友に捧げるイラスト

Dobergun

分かる人にはわかるはずだ。










| コメント (0)

十字架

十字架といえば、イエスキリストの「張り付け」。

この「ハリツケ(死体)」をモチーフにした不謹慎なペンダントは、廃れのない定番アイテムになっている。※ちなみに、槍での刺殺。

しかし、考えて見て欲しい。
ペンダントといえば、おしゃれアイテムである。
要するに「装飾品」というヤツだ。
装飾品というからには、飾って装うモノでなければならない。
そして、その要件として「おしゃれさ」が求めれられるのである。

では、十字架は本当におしゃれなのだろうか。

確かに十字という単純な幾何学性にはおしゃれさがあるといえる。
しかし、単に幾何学ということであれば、○や◇でも▲でもいいはずである。
思うに、十字架がおしゃれであり、かつ、定番的であるというのは、「キリストが張り付けられたから」という点にその根拠を見出すことが出来るのである。

Photo_62 左の絵を見て欲しい。
もしキリストがこんな感じで貼り付けられていたとしたら、ペンダントは以下のような形状になっていたかもしれない。




A

まるでなんだか分からない。

しかし、キリストが貼り付けられたというだけで、この形がおしゃれになってしまうのである。

また、こんな形だったらどうだろうか。
Photo_63

貼り付けられ方としてはかなり嫌な感じである。
しかし、2000年前、この形で貼り付けられていたら、、、、、。


A_1
このザマである。




ではこんなのはどうだろうか。
Photo_64






A_2 もはや「大文字焼き」である。

これが女性の胸元にキラキラ輝いていたとしたら、京都のお祭りのお土産かナンカなのか、キリスト教徒なのか区別がつかない。

しかも、巨乳の人の場合、間違いなくπではさんでしまい、痛い思いをする。

しかも、たまたま胸元にほくろがあっただけで相当みっともないことになってしまう。
B

「犬」だ!

全く美しくない胸元。。。。
輝いて欲しくない犬だ。

また、もし貼り付けがこんなのだったら。
Photo_65
まるでミイラ。




で、ペンダントはこうなる。
A_4
タダの棒。

まぁ、デザイン的には悪くないか。



それにしても、もし、こんなハリツケだったとしたら、ペンダントにはならなかったであろう。
なったとしても、田舎のキーフォルダーが関の山。。。ヵ?

| コメント (0)

2006年10月 9日 (月)

全日本スポドリ研究会

Vfsh0044

かなりレモンの味がする。
旨いほうだ。

| コメント (0)

昨日の出来事

Vfsh0041_2

Vfsh0042

Vfsh0043

| コメント (0)

2006年10月 6日 (金)

BBa考

    今日、出勤途中に「ババァ」とすれ違った。
そのババァは、実にババァらしく、まさにババァの手本であるかの様だった。
まさに、ババァの中のババァ!

そこで、今日はババァについて考えてみる。
そして本文では、ババァをBBaと表する。

Bba






Default

まず、BBaの基本に注目してもらいたい。


Point
これらがBBaをBBaたらしめている重要な要素である。
これを、「BBa構成要件要素」と名づけることにする。

1_1

生息地:北海道、本州、沖縄。

CF:7ef1929c










Default_1











3_1








4_1








5_1








6_1








つづく。

| コメント (2)

2006年10月 1日 (日)

パックマンを思い出すとき

    パックマン
それは、1970年代に大流行したゲームだ。
2105710480100_top









で、なんでこれを思い出すかというと。
Monster
こいつ。
パックマンの敵。



このフォルムが思い出されるのだ。


たとえば、(あんまし上手くないが)こんな髪型の女性がたまにいる。

Monster2

(さらにギョロ目系だと尚よし。)





髪型の輪郭に注目してもらいたい。
この髪型が、上の図にある「パックマンの敵」を思い出させるのだ。

Monster3






じつにそっくり!

念のため、もう一つイメージを紹介しておこう。(何が「念のため」なんだか分からんが)

Monster4









要するに、こんな感じだ。

何故か、髪型一つでこんな風に見えてしまう。

尚、このように見える場合、大抵ブスである。
顔面のパーツが整っている場合は、不思議と「パックマンの敵」には見えない。
ブスには何か潜在的な危険性を感じているのだろうか。

どんな危険性かというと、

「敵」⇒「食べられる」⇒「あぶない」

ということだ。

どちらにしても、こんなヤツに食われるのはご免だ。

| コメント (0)

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »