トップページ | 2006年7月 »

2006年6月30日 (金)

世界の山ちゃん

Photo_23

手羽先屋だ。

で、ラトマト。
トマトの焼酎。
Photo_24

づがれだよ~(*_*)

今日は、歓送迎会だったのだ。(^_-)-☆
あ~おもしろかった♪

| コメント (0)

2006年6月28日 (水)

Ca va でたまった!

Cava

サバ~で、

Photo_22

たまった。
セブンイレブンのポイントが。

ところで、サバにはアニサキスというこわ~い寄生虫がいるって、知ってる?

前に、サバの缶詰食べるときに、缶詰のサバの皮とって食べてたら、「大丈夫、100%しんでますよ・・・」って言われたことがあります。

でも、こわいんだよォ~(゜o゜) ホントだよォ~。

| コメント (0)

2006年6月26日 (月)

鼻くそ考

さっき、鼻くそが取れた。
そこで、今日は鼻くそについて考えてみた。

まずは、鼻くその意味を調べてみる。

 はなくそ
 【鼻糞・鼻屎】
 鼻孔中で鼻汁の固まりついたもの

と、書いてある。(広辞苑)

では、そもそも、「くそ」とはなんだ?

そこで、今度は「くそ」を調べてみた。

 くそ
 【糞・屎】
 動物が肛門から排泄する消化器で消化した食物のかす。

なんと・・・(゜o゜)

この説明から、「はなくそ」とは、単に鼻から出るウンコではない事は明らかである。

もし、「鼻から出る糞」と短絡的に解釈したら、トンでもないことになる!

なぜなら、鼻から、本来動物が肛門から排泄する消化器で消化した食物のかすが出てしまうことになるからだ。

読者は想像してみて欲しい。

鼻からウンコがで出来たら、、、、、。
Photo_19

くさいだけでは収まらないであろう。

これはもはや死を意味する。

同じく耳糞、目くそも大変だ。

Photo_20

Photo_21


明らかに、鼻ウンコ、耳ウンコ、目ウンコではない。

よって、以上の考察により、鼻くそは、通常の糞とは区別して解釈しなければならないのだ。

尚、広辞苑には凡例が出ている

・糞も味噌も一緒
・糞を食らえ

なんということだ!広辞苑ともあろう辞書が!!!

コレを正しく訳すと、

「動物が肛門から排泄する消化器で消化した食物のかすも味噌も一緒」
 ⇒一緒じゃねぇ!!

「動物が肛門から排泄する消化器で消化した食物のかすを食らえ」
 ⇒イヤすぎる(T_T)

以上の考察により、「くそ」という言葉と「ウンコ」という言葉は明確に意味が異なることがわかる。

したがって、明確な使い分けが必要なのであって、ゆえに「鼻ウンコ」とはいわないのである。

| コメント (0)

2006年6月25日 (日)

幻のチーズケーキ屋

先日、仲間から「幻のチーズケーキ屋がある」と聞いた。
そこは、ウチから近くにあるとのこと。

そこで、いってみることにした。

Photo_16

こんな感じ。

Photo_17

犬はウチの犬。

で、店内はというと、若い女と若くない女がたくさんいた。
結構にぎわっていました。





そして店の前にあったおすすめメニュー。
Photo_18

ん?
何にも買わなかったかって?

そう。
だって、犬の散歩中で、犬のウンコ持ち歩いてたから!
まさかウンコもって店内入るわけに行かないし。

場所わかったから、今度試してみようっと(*^ー゚)b

| コメント (2)

JFK推奨

「極辛カラムーチョ」
Photo_15

辛さは、通常の8倍らしい。

さて、食べた感想はというと。

結果:多少辛い。
    思うに、ハバネロの方が辛いね。
    ただ、割と辛味が後を引く。

ちなみにこの商品には「あたり」があるらしく、あたると「ひみつのカラムーチョ」というのがもらえるらしい。

今回のはハズレだった・・・・残念。
※そういえば、波田陽区さん、最近見かけないなぁσ(・_・*)

| コメント (0)

2006年6月23日 (金)

看破

人間関係は、攻防により存在する。

何かをされたときは、そのことで誰が得をするかを考えよ。

何かを仕掛けるときは、それにより誰に得をさせるかを明確に意識せよ。

人は利益によって動き、利益によって動かされる。

例外はない。

決して例外はない。

そのことを心して言動を鑑みれば、看破しえないことはない。

相手にとっての利益は、自らが考える利益と同質とは限らない。
何が利益であるかは、自らの尺度で測るべきではなく、相手が利益だと感じることは何かを先に得るべきである。

また、それが両得であるときは逆らわず、相手のみが利益を得、自らに不利益が生じるであろう場合は、相手の力を利用して反撃に転ずる。

合わせつつ離れず、反撃の機会をうかがい、その時が来たらば躊躇なく反撃に転じなければならない。

これは人間関係の普遍的活動であって、人は攻防を以ってその関係を保持するものである。

反倫理的にも思えるかも知れないが、それが自然な人間関係であることを受け入れ、両得を得んがための策を講じることで、より共栄を享受することができるのである。

真に共存共栄を求むるならば、かかる摂理を受け入れることを拒むべきではない。

| コメント (0)

2006年6月22日 (木)

自らと向き合う

自分自身との対話を以ってして、他人との対話となす。

自らに真実を求めることによってのみ得られる他人の心。

今日はそういう出会いがあった。

| コメント (0) | トラックバック (0)

太極拳経

太極は無極より生じ、陰陽の母なり。Photo

動けば則ち分かれ、静まれば則ち合す。

過ぎること及ばざること無く、曲に従い伸に就く。

人剛にして、我柔なる、これを走と謂う。

我順にして、人背なる、これを粘と謂う。

動き急なれば則ち応ずること急にして、動き緩なれば則ち緩に随う。
変化万端と雖ども理は一を為して貫く。

着熟より漸く勁を悟り、勁を悟りて階神明に及ぶ。

然るに力を用いず久しからざれば豁然として貫通する能わず。

領を虚にして、気を丹田に沈める。
偏せず倚らず忽ち隠れ忽ち現わる。
左重ければ則ち左は虚、右重ければ則ち右は杳し。

仰ぎて則ちいよいよ高く,俯して則ちいよいよ深し。

進みては則ち愈長く、退きては則ち愈促す。

一羽も加わる能わず蝿虫も落ちる能わず。

人我を知らず、我独り人を知る。
英雄の向かう所敵無きは蓋し皆此れよりて及ぶなり。

この技の旁門甚だ多し。

勢は区別有りと雖も概ね壮は弱を欺き、慢は快に譲るに外ならず。

力ある者が力無き者を打ち、手の慢き者が手の快き者に譲る。

これ皆先天自然の能にして学び力めて為すあるに関ず。

察せよ、四両も千斤を撥くの句を。
顯にせよ、非力にして勝つことを。
観よ、耄耋の能く衆を禦するの形を。
快き者何ぞ能く為さんや。
立てば平準の如く、活けば車輪に似たり。

偏沈なれば則ち随い、双重なれば則ち滞る。

毎に見よ数年純功するも運化能わざる者は、率皆自ら人に制せらるを。

双重の病、未だ悟らざるのみ。

もし此の病を避けんと欲すれば須く陰陽を知るべし。

粘は即ち走、走は即ち粘。

陰は陽を離れず陽は陰を離れず、陰陽相済けて、方に勁の悟りを為す。

勁を悟りて後は、いよいよ練ればいよいよ精らかなり。

黙識揣摩すれば漸く心の欲する所に従う。

本は是れ己を捨て人に従うを、多くは誤りて近きを捨て遠きを求む。
僅かな差なれど、誤りは千里なり。
学ぶ者、詳く弁えざるべからず。是を論と為す。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月21日 (水)

ラスコーの壁画

Photo_14






本物のLascaux

| コメント (0)

蛍の夕べ

椿山荘(チンザンソウ)で、「ほたるの夕べ」という催しが開催されている。
Photo_13

これに行って来た。








まず、ご飯Photo_6 です。
ディナーブッフェ。
昼間に食べた「どんべえ」とは大違いだ。(@_@;)

しかも、また”食べ放題”。
食べ放題に行き放題! 




デブまっしぐら!2_2









で、満腹になったら蛍を見に行くのだ。

結構たくさんいた。Image

写真に撮ろうとしたけど、ぜんぜん写らない。(>_<)
と、思っていたら、目の前に蛍が振ってきたので、捕まえた!



それがコレ→Photo_8
すごい光ってる!
熱くないヨ~(*^ー゚)b




ちなみに、椿山荘の蛍は、庭園内で野放しなので、タダでも見られるみたいです。

| コメント (0) | トラックバック (0)

JFK推奨

JFK(Jank Food 研究会)推奨商品

Photo_5 かきあげがサクサク!

量がちょっと多めだが、
とにかくかきあげが旨い。

Jank-Fooderは必食の
一品である。

| コメント (0) | トラックバック (0)

ビジネス考1

ビジネスというのは、金を儲けることだ。
儲からない事はビジネスではない。

それは、「安く仕入れて、高く売る」ということだ。
どうやったら儲かるかを考えることだ。

儲かりさえすれば、その方法は何でもいいのだ。
但し、詐欺、盗品販売などの違法行為はだめだ。

売るものも何でもいい。
モノでも、行動でも、情報でもいい。
とにかく、人が「欲しい」「して欲しい」「知りたい」というような、人の欲求を満たすことすべてが商材となるのだ。Money

そして、欲しい物に金を払う。

それだけのことだ。

では、何が欲しいモノなのだろうか。

その答えは、心の中にある。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月20日 (火)

迂を以って直となし、患を以って利となす

一見遠回りのように見えても、有効な策を講じるべきだ。
また、一見すると、不利のように見えても、それを利点に転じようとする発想が肝要である。

相手の力を上手く利用することによって、一見すると不利な状況でも有効に活用できるシーンはたくさんあります。

格闘技に於いても、相手が攻撃してくる事は自分にとって不利に思えます。
しかし、攻撃している状態というのはスキが出来やすく、逆に攻撃する好機であることが少なくありません。

このように、一見すると押され気味で身動きが取れないような状況下であっても、相手が働きかけてくる「力」を上手にコントロールしてしまおう、という発想が肝要です。

| コメント (0) | トラックバック (0)

シャブ

シャブった。Photo_3

食べ放題で。

しかも、昼間っから。

とにかく食った。

このくらいはイっただろう・・・。

| コメント (0)

2006年6月19日 (月)

ワールドカップ 日本代表

クロアチア戦、引き分けでしたね。Wc
何度か得点のチャンスがあって、ドキッっとしたのですが、全般を通して見ると「もっとシュートすればいいのに」と思うのは私だけでしょうか?

私だけ・・・・。

そうそう。
そういえば、今日は、けこん記念日だった。
うちの場合は、あまりこういうのをお祝いしたりはしないんだよな。Photo_1
お祝いしても、あまり喜ばれない。
「へ? そうだったね。そういえば・・・。」的な反応だ。

だから、記念日を忘れてても、別にどうってこたぁねぇんだ。
ウチの場合。

実は3年くらい前はピアスとか、ソレらしいものをプレゼントしてたが、ウケが悪いので2年くらい前からウチではけこん記念日にプレゼントを贈る習慣は廃止されたのだ。

CMで「ナメクジホイホイ」みたいなのをやってて、嫁が「うぉっ!」とか言ってたので、「これはもしや!」と思ったのだ。

そこで「プレゼントしようか?(けこん記念日に)」って聞いてみた。

答えは、「いらない。ついでにゴキブリホイホイもいらないからね!」だった。
ま、「ほしい」って言われてもびっくりだ。

ちなみにこれが話題の商品。Img1008823967_1
嫁はこどもの頃、ナメクジに塩をかけて遊ぶのが好きだったらしい。
どういうわけか、そういう類の遊びをよくしていたようだ。。。
先日も、子供に「ナメクジに塩かけるあそび」というのを教えていた。
そこで、閃いたのだが、別にこういうのがほしいわけではなさそうだ。

ちなみに、ウチの庭にいたヤツらは、犬のウンコ食べてました。
ナメクジってのは、ウンコも食べるんだねぇ~(゜o゜) オエッ。

| コメント (1) | トラックバック (0)

2006年6月18日 (日)

ののの

Photo ロゴを作ってみた。

画像を入れるテスト。
それにしても、ほんと書くこと無いな。
コラムでも載せようかなσ(・_・*)

でも明日からにしよう。
今日は、開設したことで疲れた。

| コメント (0) | トラックバック (0)

開設!

テスト・テストσ(°・°*)

できてんのか?コレ。

ま、いいや。

こんなもんだろう。

| コメント (1) | トラックバック (0)

トップページ | 2006年7月 »